提携レンタカーについて

格安航空券を利用できるLCCは宿泊先と同じように、レンタカーもインターネットトラベルを使ってお得な提携先を探すことができるようにしています。

沖縄のレンタカー事業は平常時に限ってみれば供給過剰状態となっています。
確かに繁忙期はものすごい数の観光客が押し寄せて、レンタカーを選べる状況ではないでしょうが、繁忙期以外では格安のキャンペーンやサービスプランを行って、お得な金額を提示して利用客を獲得しています。
レンタカー会社の中でも全国チェーンは全国統一の画一的な料金体系をとっていることが多く、一応はキャンペーン価格などもやっていますが、年間を通して安定した料金設定の中で、特定の地域の利用者だけが得するようなことはしないことが多いようです。
それに対して沖縄の地場企業は、値引きに対しての対応は良く、フットワークの軽さは抜群です。
まして大幅な値引きともなればローカル企業の方が、はるかに魅力的な金額が提示することができます。
またレンタカーだけはLCCとの提携レンタカーとしても契約しているところがあり、格安航空券に合わせたお得な金額設定のほかに、通常から言うと時間外にあたる時間帯でも対応ができるようになっています。
ただ気を付けたいのは料金設定が少し違うことがあります。
一般的にレンタカーは車両本体の価格が表示されていて、その他に保険料がかかります。
もちろんオプションとなるチャイルドシートやベビーカーなどをレンタルした時には追加の料金がかかります。
ここまでは一般的なレンタカー契約になりますが、これの他に免責補償が追加されます。
免責料とは保険を適用するときの自己負担額のことで、通常5万円から10万円が免責料を支払うことになりますが、この免責料を補償してくれるのが免責補償で、契約時に申し込むと0円で保険を適用することができます。
本来は自由に選択できる補償制度ですが、いわゆる強制加入を取り入れているところもありますので、外形的な格安料金の補てんとなっている場合もあることを覚えておきましょう。

関連記事: