断る勇気も大切 | キャバクラやセクキャバは体験入店で決めよう!
menu

断る勇気も大切

黒い下着をつけている女性

体験入店の時間は店舗によっても異なりますが、オープンしたての比較的人が少ない時間帯に1時間から2時間ほど働くという店舗も多くあります。
こうした体験入店が終わった後は、その日働いた分の給与を受け取ることになるのですが、その際に店舗のスタッフや店長から「このまま働いてみない?君なら多分稼げると思うけど」というような事を言われることがよくあります。
この言葉というのは体験入店を終わった後にスタッフとして店舗に残ってもらうために、キャバクラなどの店舗のスタッフや店長がよく言う常套句のようなものです。
この言葉を聞いた際に、もし自分がこのまま働いても良いと思ったのであれば、そのまま働かせてくださいと答えれば良いでしょう。
しかし場合によっては、自分の頭のなかで想像していた店舗のイメージと実情が違っているので断りたいと感じる人もいるでしょう。
そんな時は勇気を持って「思っていたお店と違ったので」と応えるようにしましょう。
何かを誘ってくれた人に対して断りの言葉を伝えるというのは非常に勇気のいることです。
しかしその勇気を出せず、自分が思っていたイメージとかけ離れた場所で働き続け、そのまま今を変えることができなくなってしまった状態から「やっぱり違う場所に行こう」と思い、変えるための勇気を出すというのは、体験入店で今さっき知り合った人、言ってみれば見ず知らずの人に対して断りの言葉を伝えるのよりも何倍も勇気がいるものです。
そういった非常に強い勇気と変えるための意志を持つというのは非常に難しいことでもあるので、自分にとってこの場所は合っていない、別の場所がいいかもしれない、そう思った時には勇気を持って体験入店後、店舗のスタッフに「やっぱり今回はお断りします」と伝えるようにしましょう。