格安航空券を上手に使う

格安航空券を利用する時には、そのリスクを十分に理解して上で、上手に使うと安心して楽しい旅行ができるはずです。
そもそも格安航空とはLCCと略しますが、ロー・コスト・キャリアという言葉の頭文字を略したものです。
できるだけコストを排除したものが格安航空の基本ですから、ここに過剰なサービスを求めてはいけません。

少なくとも飛行機の中では飲み喰いなどに期待をせずに、移動のための時間と割り切ってじっとしていることが安上がりに繋がります。
少しでもキャビンアテンダントに何かのサービスを求めたら、すべて有料になると思っていた方が間違いないのです。
コスト削減は収益性の裏返しでもありますので、LCCは効率的な運航を基本としています。
少ない飛行機をいかに効率的に動かすかで収益を求めるため、機材繰りが非常にタイトになっています。
平たく言うと天気の日は問題ないと思っていたのに、日本のどこかで天気が悪くて飛ばないところがあると、自分の予約した便が空港に無いこともありうるという事です。
特に台風シーズンになると、ある意味ではギャンブルのようなものと化すかもしれません。
1か月前に予約を入れた時には台風の存在は分っていませんから、当日近くになって沖縄に近づいてたりすると、または滞在中に台風がやってくると、その対処と処理には数日間にも及ぶことがあります。
普段から旅慣れをしているのであれば、キャンセルチケットを含めてその後の日程の予約分も期日変更だって対応できると思いますが、このあと予定が取れなければ天候によるキャンセル分以外は返金を受けられないか、もしくは大半がキャッシュバックされないこともあります。
これは格安航空券チケットだけに言えることではありませんが、沖縄のオンシーズンには台風がつきものですから、リスクを少しでも軽減する必要があります。
夏の気候で楽しめる7月の梅雨入り前か、同じく夏を感じながらも台風の直撃が少なくなる9月後半を選ぶと良いでしょう。
どちらも真夏を感じることができ、しかも安定した天気は観光にとっても最適なはずです。
一方では那覇空港の様子だけではなく、出発空港も含めてリスクの多い時期には、旅行パックなど返金が保証されている確実な方法で旅行プランを立てた方がイイでしょう。
その中にも最安値のところはありますし、結果として出費が少なく済んだり、なによりももっと大切な目的となる「楽しい旅行」を感じることができるはずです。


新着情報

◆2014/07/18
格安航空券を上手に使うの情報を更新しました。
◆2014/07/11
提携ホテルについての情報を更新しました。
◆2014/07/11
最小限の持ち物の情報を更新しました。
◆2014/07/11
ANAの深夜便の情報を更新しました。
◆2014/07/11
提携レンタカーについての情報を更新しました。